協会概要 | 一般社団法人 日本さんぽか協会
スローウォーキング、散歩(街歩き)で健康増進、体力増強

一般社団法人 日本さんぽか協会
協会概要

 設立目的

当法人は、運動(歩く・さんぽ)することにより健康増進(ヘルスケア)を図ることで、診療科の「科」と散歩(さんぽ)を合わせた「散歩科(さんぽか)」という新しい概念を確立しました。その活動は統計的根拠に基づいたプログラムであり、それを用いた健康つくりを目的としたイベントや教室を実施します。

このプログラムを実践・普及させることによって、人々に歩く運動習慣を身につけた健康市民つくりを目指します。また、そのプログラムを指導する人材を養成し、さらに広く国内外にこのプログラムを広め普及することを目指し、本事業を通じて地域の健康づくりと人々の幸福感創造に貢献することを目的とします。

 事業

1.さんぽか活動の実践・普及・啓発に関する事業
2.さんぽか活動を核とする健康サービスの創出・展開に関する事業
3.さんぽか活動を核とするソーシャルビジネス・コミュニティビジネス創出に関する事業
4.さんぽか活動を通じた健康増進(ヘルスケア)のための運動習慣の普及・啓発に関する事業
5.さんぽか活動を通じて国、地方自治体との連携、協力していくヘルスケア事業
6.さんぽか活動を通じて企業、団体との連携、協力していくヘルスケア事業
7.さんぽか活動を通じて地域のクラブチームと連携、協力していくヘルスケア事業
8.さんぽか活動を通じて実践、普及活動に資する教材および物品の販売事業
9.さんぽか指導員の養成・教育・研修に関する事業
10.さんぽか指導員資格認定及び検定に関する事業
11.さんぽか活動の社会的な認知を促進するための広報活動
12.その他当法人の目的を達成するために必要な事業

About Us

団体名 一般社団法人 日本さんぽか協会
英文 Japan Stroll Association
所在地 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2丁目16-17 代々木フラット401
TEL 03-3377-4958
FAX 03-3377-5028
URL https://sanpoka.com/
設立 2015年6月5日

役員

会長 石橋 泰 東京藝術大学名誉教授
副会長 桂川 保彦 帝京平成大学地域医療学部医療スポーツ学科客員教授/帝京平成スポーツアカデミー運営委員長
副会長 川上 祐司 帝京大学経済学部准教授
代表理事 上柿 和生 株式会社スポーツデザイン研究所代表取締役
専務理事 蔵敷 健治 株式会社フィードバック・ジャパン代表取締役/一般社団法人日本医療ホスピタリティ協会代表理事/一般社団法人日本医学検定協会専務理事
常務理事 田中 学 スポーツコーディネーター/株式会社スポーツネットワークジャパン:スポーツ地域活性化センター長
佐野 宏 株式会社エス・プラット代表取締役/NPO法人調和SHC倶楽部常任理事
宮本 和実 調布市市議会議員
理事(順不同) 宇多川 久美子 薬剤師・栄養学博士/一般社団法人国際感食協会理事長 ハッピー・ウォーク主宰
海老原 隆仁 きくのだい鍼灸整骨院代表/機能訓練指導員
島貫 啓 公益社団法人日本エアロビクス連盟常務理事
園原 健弘 株式会社ラバ・チユーブ代表取締役/一般社団法人日本ランニング協会マスターインストラクター/92年バルセロナオリンピック競歩代表選手
薗田 碩哉 前実践女子大短期大学教授(余暇論・遊戯論)/余暇ツーリズム学会監事/町田市社会教育委員
田村 好史 順天堂大学医学部准教授(代謝内分泌科)/順天堂大学大学院スポーツトロジーセンター委員長/経済産業省 「アクティブライフ365」委員
成田 重行 地域興しコーディネーター(内藤とうがらしPJリダー)(元)オムロン㈱常務取締役経営戦略室長
監事 本間 久雄 キッズスポーツアカデミー代表
顧問 安達 耕一 一般社団法人日本医療ホスピタリティ協会理事長/一般社団法人日本医学検定協会副理事長